ここから本文です

ラームの後釜と呼び声高いキミッヒ、比較に関しては「ナンセンス」

theWORLD(ザ・ワールド) 6月26日(日)15時0分配信

ノイアーは称賛

本人にとっては並んで評価されるなどまだ恥ずかしいと感じられるほど差があると考えているのかもしれない。

EURO2016グループリーグ最終戦で右サイドバックとして見事にフィットしたドイツ代表MFジョシュア・キミッヒ。そのクレバーなプレイぶりから国内では元代表DFフィリップ・ラームと比較する声も上がっているが、本人はナンセンスだと記者会見で話している。独『sport1』が伝えた。

「このような比較は意味をなさないよ。ラームは世界ナンバーワンのサイドバックで何年もそれを右サイドで証明してきた。僕はまだブンデスリーガでたった1シーズンしかプレイしていないわけだからね」

謙遜したキミッヒだが、同じく記者会見に出席したマヌエル・ノイアーは「キミッヒは冷静で北アイルランド戦では淡々と自分の仕事を果たした。皆が彼を信頼している」と賛辞を贈っている。ラームのレベルとまではいかないまでも、今大会中に評価を高めることは間違いないだろう。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:6月26日(日)15時0分

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]