ここから本文です

ラームの後釜と呼び声高いキミッヒ、比較に関しては「ナンセンス」

theWORLD(ザ・ワールド) 6/26(日) 15:00配信

ノイアーは称賛

本人にとっては並んで評価されるなどまだ恥ずかしいと感じられるほど差があると考えているのかもしれない。

EURO2016グループリーグ最終戦で右サイドバックとして見事にフィットしたドイツ代表MFジョシュア・キミッヒ。そのクレバーなプレイぶりから国内では元代表DFフィリップ・ラームと比較する声も上がっているが、本人はナンセンスだと記者会見で話している。独『sport1』が伝えた。

「このような比較は意味をなさないよ。ラームは世界ナンバーワンのサイドバックで何年もそれを右サイドで証明してきた。僕はまだブンデスリーガでたった1シーズンしかプレイしていないわけだからね」

謙遜したキミッヒだが、同じく記者会見に出席したマヌエル・ノイアーは「キミッヒは冷静で北アイルランド戦では淡々と自分の仕事を果たした。皆が彼を信頼している」と賛辞を贈っている。ラームのレベルとまではいかないまでも、今大会中に評価を高めることは間違いないだろう。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:6/26(日) 15:00

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]