ここから本文です

WTCCポルトガル:母国凱旋のモンテイロ、通算3度目のポール獲得

オートスポーツweb 6月26日(日)1時6分配信

 世界ツーリングカー選手権(WTCC)第7ラウンドは25日、ポルトガルのヴィラ・レアルのストリートサーキットで予選が行われ、ポルトガル出身のティアゴ・モンテイロ(ホンダ・シビックWTCC)がポールポジションを獲得した。

 このポルトガルラウンドでホンダ勢はフリープラクティス1でトップ3を独占するなど好調ぶりを発揮。迎えた予選Q1ではシビックWTCCが3番手~5番手タイムを記録すると、Q2ではロブ・ハフ(ホンダ・シビックWTCC)がトップタイムを記録したほか、3台のシビックWTCCがQ3へ進出した。

 予選Q3にはホンダ勢のなかでもっとも遅いタイムで進出したモンテイロだが、Q3で行った唯一のアタックでトップにつけていたイバン・ミューラー(シトロエンC-エリーゼWTCC)のタイムを0.109秒上回ることに成功。その後はタイムを更新するドライバーは現れず、モンテイロが自身通算3度目となるポールポジションを手にした。

「正直、あまり自信はなかったんだ。シケインなどでミスをしていて、満足いくアタックではなかったからね」とモンテイロ。

「このコースはとてもチャレンジングで、ミスを犯しやすい。今日、僕は最速のドライバーではなかったけれど、アタックラップをまとめることができた。これがポールを獲得できた理由だよ」

 予選3番手はノルベルト・ミケリス(ホンダ・シビックWTCC)が獲得し、予選4番手にはハフが続いた。ランキング首位のホセ-マリア・ロペス(シトロエンC-エリーゼWTCC)は予選5番手につけている。

 予選後に行われたMAC3では、ロペスとミューラー、トム・チルトンのトリオで挑んだシトロエンがホンダを下し、マニュファクチャラーポイントを獲得している。



[オートスポーツweb ]

最終更新:6月26日(日)1時6分

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。