ここから本文です

MotoGP第8戦オランダGP 予選トップ3コメント:ドビジオーゾ「ロッシの後ろにつけて幸運だった」

オートスポーツweb 6月26日(日)2時42分配信

■ドゥカティ・チーム/アンドレア・ドビジオーゾ(予選1位)
「午前中はドライでとても速かったし、ペースもよかった。ところが午後はウエットになり、状況を的確に把握する必要があった。2周してみて、まだ小雨が降っていたけど、ラインは乾いていたので、新しいレインタイヤをリアに履くことにした。コースに戻ると、幸運にもロッシの後ろにつくことができた。乾き始めたところはプッシュして、それ以外の部分は彼についていけばよかったんだ」

■モビスター・ヤマハ・MotoGP/バレンティーノ・ロッシ(予選2位)
「残り4分でピットで待機したのはリアタイヤの温度が上昇したから。コースのいくつかの場所は乾き始めていた。でも、3つか4つのコーナーがウエットでインターミディエイトに履くには早かった。それで別のレインタイヤに履き替えたけど、それは正しいチョイスだった。ポールポジションを取れなかったのは残念だけど、2番グリッド、フロントロウを獲得できてハッピーだよ」

■オクト・プラマック・ヤクニック/スコット・レディング(予選3位)
「路面が乾き始めていたのでナーバスだった。2、3回クラッシュしかけたよ。難しくストレスのかかる状況だった。あと10分あればインターミディエイトタイヤを履いていただろう。明日のレースはどうなるか様子を見て、ベストをつくしたい」

[オートスポーツweb ]

最終更新:6月26日(日)2時42分

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。