ここから本文です

MotoGP第8戦オランダGP Moto2決勝:中上貴晶がMoto2クラス初優勝!日本人が6年ぶりに表彰台の頂点に

オートスポーツweb 6月26日(日)20時55分配信

 MotoGP第8戦オランダGP、Moto2クラスは、オランダのアッセンで決勝レースを行い、中上貴晶(カレックス)が優勝した。

 Moto2クラスの決勝レースは周回数24周、ドライコンディションでスタートしたが、残り2周で雨により赤旗が掲示され、21周通過時点の順位でレース成立となった。

 中上は序盤からトップ集団につけ、積極的に前に出るレースを展開。9周目にフランコ・モルビデリ(カレックス)を交わしてトップに立つが、モルビデリもすぐにトップを奪還。

 しかし、中上は続く10周目に再びトップに立つと、その後、後続とのリードを広げていく。レース終盤の15周目になるとその差は約3秒まで広がったが、20周目に雨が落ち始めたことを示すレッドクロス旗が掲示される。

 モルビデリとの接戦を交わして14周目に2番手に浮上していたヨハン・ザルコ(カレックス)がじわじわと中上との差を縮めてくるが、中上もペースをキープ。雨が強くなり、再びレッドクロスが掲示された22周目にその差が2秒を切ったものの、23周目に入ったところで赤旗が掲示され、21周目のコントロールライン通過順位でレース成立となった。

 中上はグランプリ初優勝を達成。日本人ライダーによるグランプリ優勝は2010年カタルニアGPの高橋裕紀以来となる。前戦カタルニアGPに続いて2戦連続で表彰台に立った中上は、ランキング5位に浮上した。

 以下、2位にザルコ、3位にフランコ・モルビデリ(カレックス)が入賞。4位にサム・ロウズ(カレックス)、5位にロレンツォ・バルダッサーリ(カレックス)、6位にアレックス・リンス(カレックス)、7位にシモーネ・コルシ(スピードアップ)、8位にアレックス・マルケス(カレックス)、9位にドミニク・エガター(カレックス)、10位にジョナス・フォルガー(カレックス)の順となった。


[オートスポーツweb ]

最終更新:6月27日(月)0時21分

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。