ここから本文です

カニエ・ウェスト、新MVで全裸のテイラー・スウィフトとベッドイン

クランクイン! 6月26日(日)9時0分配信

 過激な言動で物議を醸すラッパーのカニエ・ウェストが2月にリリースしたニュー・アルバム『ザ・ライフ・オブ・パブロ』に収録した楽曲『Famous(原題)』のミュージックビデオを公開。一時期は“犬猿の仲”だった歌手テイラー・スウィフトや米大統領選候補のドナルド・トランプなどを含む有名人との全裸ベッドインという過激なシーンが話題になっている。

【関連】「テイラー・スウィフト」フォトギャラリー


 JustJaredによると、ライブストリーミングされたイベントでミュージックビデオを公開したというカニエ。妻でリアリティースターのキム・カーダシアンとテイラーに挟まれる形でベッドに横たわっているシーンがあり、他にもドナルド・トランプ、ジョージ・W・ブッシュ、アンバー・ローズ、クリス・ブラウン、リアーナなど、総勢12名がヌードで横たわっているという。

 楽曲『Famous(原題)』ではテイラーと「セックスするかも。なぜってあのビッチを有名にしたのは俺だからさ」などといった過激な歌詞でテイラーを刺激したカニエ。事前にテイラーと話したと主張したが、テイラー側は「認めていない」と意見が食い違いっていた。

 誰が実際に参加し、誰が特殊効果のなせる技なのかは不透明だそうだが、特殊効果にしてもテイラーがヌード姿になっているのを快く思わないのは目に見えており、カニエとの間が再び険悪になるのは必至だ。

最終更新:6月26日(日)9時0分

クランクイン!

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。