ここから本文です

ドジャース前田、6回途中4失点で5敗目 パイレーツ主砲に痛恨2被弾

ベースボールキング 6月26日(日)11時2分配信

○ パイレーツ 6 - 1 ドジャース ●
<現地時間6月25日 PNCパーク>

 ドジャースの前田健太が25日(日本時間26日)、敵地でのパイレーツ戦に中5日で先発登板。主砲マカチェンに2打席連続本塁打を浴び6回途中4失点。一発に泣く形で今季5敗目(6勝)を喫した。

 前田は初回、先頭のジェイソにストライクが入らず、ストレートの四球を与えてしまう。続くマルテの打席では、変化球が暴投となり無死二塁。さらにマルテの三ゴロの間に一死三塁とされたが、3番マカチェンをスライダーで空振り三振。4番フリースもスライダーで遊ゴロに仕留め、先制点を許さなかった。

 2回以降は安定感を取り戻し、2イニング連続で3者凡退。4回も先頭の2番マルテを空振り三振に仕留めたが、続くマカチェンに甘く入ったカーブ左翼席中段へ運ばれた。それでも、前田にとってはこの一発がこの試合の初被安打。続く4番フリースにも中前打を許したが、後続を落ち着いて退け5回を1失点で乗り切った。

 打線は1点を追う6回に反撃開始。5回までパーフェクトに抑え込まれていた相手の先発・ロックに対し、7番バンスライク、8番エリスの連続二塁打で1-1の同点に追いつく。さらに無死二塁で打席に前田。送りバントを決め上位陣に託したい場面だったが、初球のバントに失敗したあと2球目のボール球を見送る。ここで、二塁走者のエリスが飛び出してしまい、挟殺プレーの末、タッチアウト。その後、前田はメジャー3安打目となる右前打で出塁するも、結局ドジャースは勝ち越し点を奪えなかった。

 攻撃で塁上に残ったことが影響したのか、前田はその裏のマウンドで、またも先頭の1番ジェイソに四球を与えてしまう。続くマルテには上手く右前打を打たれ無死一、二塁。前の打席で被弾しているマカチェンを三たび打席に迎えると、ここでもカウントを取りに行った直球が甘くなり、捉えられた打球は左中間席に飛び込む勝ち越し3ランとなった。

 前田はここで降板。結局5回0/3しか投げられず、4安打4三振2四球で4失点。4安打のうち2本が本塁打で、防御率は2.91となった。

 ドジャースは2番手のブラントンも2ランを浴び投手陣全体で3被弾。打線も相手先発のロックに封じられ、試合の主導権を握れなかった。

BASEBALL KING

最終更新:6月26日(日)11時5分

ベースボールキング

スポーツナビ 野球情報