ここから本文です

巨人・ギャレットが3打席連発&7打点! 序盤好投の内海は3勝目

ベースボールキング 6月26日(日)15時56分配信

● DeNA 4 - 9 巨人 ○
<11回戦・横浜>

 巨人が同一カード3連敗を阻止。先発・内海が、9回途中4失点で3勝目(2敗)。打っては7番ギャレットが3打席連発&7打点と爆発し、連敗中の嫌な雰囲気を一掃した。

 内海は立ち上がりから安定感抜群の投球。一軍では2年ぶりにバッテリーを組んだ実松との呼吸も抜群で、序盤から快調にアウトを積み重ねた。

 打線の援護を受けてからは、さらにテンポアップ。5回、6回は2イニング連続で3者凡退に抑えると、7回は連打で一死一、二塁のピンチを背負ったが、7番関根を三邪飛、最後は途中出場の嶺井を見逃し三振に仕留めた。

 内海は8回に1点を失い、2年ぶりの完投を目指し9回も登板したが、味方のマズい守備もあり無死満塁のピンチで降板。あとを受けた沢村がDeNAの反撃を食らったが、何とかリードを守り抜いた。

 打線では新外国人・ギャレットが大爆発。2回に一死一、二塁の好機で先制3ランをバックスクリーン右横へ運ぶと、4回の第2打席では、右翼席最上段の看板を直撃する11号ソロを放った。さらに5回の第3打席では、またも二死一、二塁の好機で右翼席に飛び込む12号3ランをマーク。8回の第4打席は中飛に倒れたが、チームでは2010年6月29日(対広島)のラミレス(現DeNA監督)以来となる、3打席連続本塁打を記録した。

 巨人は8回にも、6番村田が7号ソロを放ち9点目。敵地で効果的な一発攻勢を見せ、過去2戦の鬱憤を晴らした。

 対するDeNAは、先発のモスコーソがギャレットに3打席連続被弾。打線は内海の緩急に翻弄され、チームの連勝は2で止まった。

BASEBALL KING

最終更新:6月26日(日)16時7分

ベースボールキング

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]