ここから本文です

C・ロナウドが決勝ゴール演出…ポルトガル、延長戦で好調クロアチアを撃破

SOCCER KING 6月26日(日)6時33分配信

 ユーロ2016決勝トーナメント1回戦が25日に行われ、クロアチア代表とポルトガル代表が対戦した。

 クロアチアはグループDで最終節に2連覇王者のスペインを撃破し、首位で突破。対してポルトガルは3戦連続ドローでグループF3位に終わるが、成績上位4チームの枠に滑り込み、かろうじて決勝トーナメント進出を果たした。対照的なチームの対決となったが、過去3回の対戦ではポルトガルが全勝している。

 クロアチアは、スペイン戦を負傷欠場したMFルカ・モドリッチとFWマリオ・マンジュキッチが先発に復帰。ここまで2ゴール1アシストと絶好調のMFイヴァン・ペリシッチや、MFイヴァン・ラキティッチらも先発メンバーに名を連ねた。一方のポルトガルは、ユーロ本戦の歴代最多得点記録(9ゴール)まであと1点に迫っているFWクリスティアーノ・ロナウドや、DFペペらがスタメン入り。ここまで2ゴールを挙げているMFナニも先発出場で、代表通算100試合出場を達成した。

 前半は、両チームとも慎重な試合運びで、なかなかチャンスが生まれず膠着状態が続く。ポルトガルは25分、左サイドのFKから、ラファエル・ゲレイロがペナルティエリア内にボールを供給。中央でペペが頭で合わせるが、シュートはクロスバー上に外れた。クロアチアは30分、ミラン・バデリのロングパスを受けたペリシッチがエリア内右に進入。切り返しから左足を振り抜くが、シュートはわずかに枠の右に逸れた。前半はこのままスコアレスで折り返す。

 ポルトガルは後半50分、アンドレ・ゴメスを下げて18歳MFレナト・サンチェスを投入。すると57分、ジョアン・マリオとのワンツーから、R・サンチェスがエリア手前中央で右足シュートを放つが、うまくミートできず枠の右に外れた。61分、右サイドでFKを獲得したクロアチアは、ダリヨ・スルナのボールに中央でドマゴイ・ヴィダが頭で合わせるが、シュートは枠を捉えられなかった。

 後半もこのまま膠着状態が続き、スコアレスで終了。決勝トーナメント1日目にして2試合目の延長戦となった。クロアチアは97分、右サイドのラキティッチが前線へスルーパス。途中出場のニコラ・カリニッチが相手DFジョゼ・フォンテをかわして、エリア内右で右足シュートを放つが、枠を大きく外した。113分には、左CKでマルセロ・ブロゾヴィッチのボールから、ファーサイドでヴィダがヘディングシュートを放つが、これもクロスバー上。

 延長戦終盤まで両チームとも枠内シュート0本だったが、終了間際の117分に均衡が破れる。カウンターから左サイドのナニがエリア内へスルーパス。ファーサイドを走り込んだC・ロナウドが右足で合わせて、この試合自身最初のシュート。これはGKダニエル・スバシッチにセーブされるが、ゴール前にこぼれたボールをリカルド・クアレスマが押し込んで、ゴールネットを揺らした。

 最後はクロアチアが猛攻を見せるが、ゴールは生まれず試合終了。ポルトガルが延長戦の末に1-0で勝利を収めて、6大会連続のベスト8進出を果たした。15本のシュートを打ったクロアチアだが、枠内シュートは0に終わり、ベスト16敗退となった。勝ち抜いたポルトガルは30日の準々決勝でポーランド代表と対戦する。

【スコア】
クロアチア代表 0-1 ポルトガル代表

【得点者】
0-1 117分 リカルド・クアレスマ(ポルトガル)

SOCCER KING

最終更新:6月26日(日)7時58分

SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報