ここから本文です

オーバヘッドで同点弾のスイスMFシャキリ、敗戦悔やむも「誇らしい」

SOCCER KING 6月26日(日)10時59分配信

 ユーロ2016決勝トーナメント1回戦が25日に行われ、スイス代表はPK戦の末にポーランド代表に敗れ、ベスト16で大会から姿を消した。試合後、UEFA(欧州サッカー連盟)公式サイト『UEFA.com』がMFジェルダン・シャキリ(ストーク)のコメントを伝えている。

 試合は39分にヤクブ・ブワシュチコフスキのゴールでポーランドが先制に成功。その後は1点を追うスイスが攻勢を強めると、終盤に差し掛かった82分、クロスボールのこぼれ球に反応したシャキリが左足オーバーヘッドでゴール右隅に沈め、同点に持ち込んだ。しかし、1-1のまま迎えたPK戦で、スイスはグラニト・ジャカが失敗。5人全員が成功させたポーランドがベスト8進出を果たした。

 見事な同点弾を決め、この試合のマン・オブ・ザ・マッチに選出されたシャキリは、「すごくいいゴールだったけど、最終的には、あまり関係なかったね。PK戦までもつれ込んだけど、僕らは負けてしまったから。でも、確かに素晴らしいゴールだった。スイス代表での得点は常に誇らしいものだよ」と、自身のゴールが素晴らしいものだったと喜びつつ、勝利に結びつかなかったことを悔やんでいる。

 試合については、「終盤は僕らのほうがチャンスをつくっていた。2点目に迫ったけど、残念ながらそれができなかった。PK戦ではポーランドが運に恵まれたね。優れたチームを相手に、僕らはよく戦っていた。ビッグチャンスは1つも与えなかったんじゃないかな。相手より良かったし、勝ち上がるのにふさわしかったと思う」と、内容的にはポーランドを上回っていたとの見解を示した。

SOCCER KING

最終更新:6月26日(日)10時59分

SOCCER KING

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。