ここから本文です

クリホヴィアク、PSG加入近づく…移籍金はセビージャ史上最高額か

SOCCER KING 6月26日(日)13時25分配信

 セビージャに所属するポーランド代表MFグジェゴシ・クリホヴィアクのパリ・サンジェルマン移籍が近づいているようだ。25日付のスペイン紙『マルカ』が報じている。

 クリホヴィアクに関しては、パリ・サンジェルマンが獲得を狙っていると噂されてきた。指揮官就任が濃厚と言われているセビージャのウナイ・エメリ前監督の要望で同選手をチームに加えることを画策。パリ・サンジェルマンは同選手の契約解除条項に定められた4500万ユーロ(約51億円)を支払う用意があると報じられていた。

 そして同紙によれば、セビージャは契約解除条項の4500万ユーロよりも安い4000万ユーロ(約45億円)での売却に前向きだという。この取引が実現すれば、2008年にバルセロナへ移籍したブラジル代表DFダニエウ・アウヴェスの3800万ユーロ(約43億円)を超えて、同クラブ史上最高額の移籍金となる。

 クリホヴィアクはエメリ前監督の率いたセビージャで中心選手として存在感を示してきた。加入1年目となった2014-15シーズンはリーガ・エスパニョーラのベストイレブンに選出される活躍を見せており、昨年11月には契約を2019年まで延長。契約解除金もそれまでの3000万ユーロ(約34億円)から4500万ユーロへと引き上げられていた。

SOCCER KING

最終更新:6月26日(日)13時28分

SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。