ここから本文です

「落ち着いている」…スペイン代表J・アルバ「問題を作っているのはメディア」

SOCCER KING 6月26日(日)14時46分配信

 25日、バルセロナに所属するスペイン代表DFジョルディ・アルバが記者会見に応じ、2日後に行われるユーロ2016・決勝トーナメント1回戦のイタリア代表戦に向けて、「準備はできている」と語った。また代表の雰囲気について「問題をつくっているのは、メディアだ」と述べた。スペイン紙『マルカ』が伝えている。

 スペイン代表の雰囲気についてJ・アルバは「(ビセンテ・)デル・ボスケ監督が言ったことに僕は同意する。悪い雰囲気はあなたたち(メディア)がつくっている。僕たちではない。僕たちはとても落ち着いている。問題は人々が意見した時だ。僕らは落ち着いている。すべてのメディアではないけど、大きな問題をつくっているね」と、チームの雰囲気に問題がないことを強調した。

 2012年の前大会と今大会のイタリアの違いについてはこう話した。

「前回のユーロでは、初戦で対戦した時はとても難しい試合だった。決勝は最高のゲームができて、4点を決めた。今回は新たな代表チームとして、彼らと対戦する。2012年と同じ結果を期待しているが、そんな風にはならないと思う」

 また、チェルシーに所属するFWペドロ・ロドリゲスがスタメンで出場できない不満を語ったことについては、「悪い雰囲気はない。彼の意見であり、僕たちは全員が1つになっている。議論をつくったのは、メディアだ。ペドロは1度も問題を起こしたことはないし、僕たちはとてもすばらしい状態にある」と、改めてメディアが過剰に報じているだけだと述べている。

SOCCER KING

最終更新:6月26日(日)14時46分

SOCCER KING