ここから本文です

悲願のA代表タイトルへ…自信示すメッシ「チームとして強くなった」

SOCCER KING 6月26日(日)16時5分配信

 アルゼンチン代表は26日にコパ・アメリカ センテナリオ USA 2016の決勝戦でチリ代表と対戦する。試合に向けたFWリオネル・メッシ(バルセロナ)のコメントを、ドイツメディア『DW』が25日に伝えている。

 23日に誕生日を迎え29歳になったばかりのメッシは、これまでの選手人生で30個のタイトルを獲得してきた。リーガ・エスパニョーラやチャンピオンズリーグなど、クラブチームでの優勝が28回。これに加え2005年のU-20ワールドカップと、2008年の北京オリンピックを制覇している。しかし、A代表でのタイトルはつかむことができていない。

 アルゼンチンは、優勝候補として挑んでいる今大会、順当に勝ち上がってファイナル進出を果たした。2014年のブラジルワールドカップとコパ・アメリカ2015では決勝で敗れているが、1993年以来のメジャータイトル獲得に向け、昨年のファイナルでPK戦の末に敗北を喫したチリへのリベンジを図る。

 メッシは「3回連続で決勝に来れるなんて、感動的だ。欲しかったトロフィーを掲げられることを願っているよ」と3度目の正直を目指すとコメントし、「僕たちはあれから1年間一緒にやってきて、チームとして強くなったし、いろんな面で成長してきたんだ」と、前回大会決勝からの日々を振り返った。

 今大会、腰の負傷が影響してグループステージ3試合ではいずれもベンチスタートだったメッシ。しかし第2節のパナマ戦では途中出場からハットトリックを達成するなど、限られた出場時間で存在感を示している。21日の準決勝アメリカ代表戦では鮮やかなフリーキックでネットを揺らし、自身のアルゼンチン代表ゴール数を55として、ガブリエル・バティストゥータ氏の持っていた最多記録を更新した。

 クラブチームでは数々の栄光を手にしてきた世界屈指のフットボーラーは、自身のコレクションに31個目のトロフィーを加えることができるだろうか。

SOCCER KING

最終更新:6月26日(日)16時11分

SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。