ここから本文です

途中出場で殊勲の決勝ゴール…クアレスマ「僕たちは守り方をわかっていた」

SOCCER KING 6月26日(日)17時14分配信

 ユーロ2016決勝トーナメント1回戦が25日に行われ、ポルトガル代表は延長戦の末にクロアチア代表を下してベスト8進出を果たした。試合後、決勝ゴールを挙げたFWリカルド・クアレスマ(ベシクタシュ)のコメントをUEFA(欧州サッカー連盟)公式サイト『UEFA.com』が伝えている。

 試合は互いに枠内シュート0のまま延長戦へ突入すると、終了間際の117分、クリスティアーノ・ロナウドのシュートがこぼれたところをゴール前のクアレスマが頭で押し込み、ポルトガルが先制。結局これが決勝点となり、1-0で試合終了のホイッスルを迎えた。

 87分からピッチに立ち、殊勲のゴールを挙げたクアレスマは、「鍵となったポイントは、僕たちが守り方をわかっていたことだ。持ちこたえて、いい時間に攻撃をすることができた」と試合を振り返り、しっかりと守ったことが終盤の攻撃につながったと述べた。

 そして、「クロアチアは間違いなく、強いチームだし、素晴らしい選手たちがプレーをしている」と相手を称えた上で、「でも、120分間を通して続けた僕たちのパフォーマンスが幸運を呼んだね」と勝利を喜んだ。

 ポルトガルは30日の準々決勝でポーランド代表と対戦する。

SOCCER KING

最終更新:6月26日(日)17時19分

SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報