ここから本文です

内田所属シャルケ、19歳のスイス代表FWエンボロを獲得…ユーロで4戦出場

SOCCER KING 6月26日(日)22時7分配信

 DF内田篤人の所属するシャルケは26日、バーゼルから19歳のスイス代表FWブリール・エンボロを獲得したことをクラブ公式サイトで発表した。

 契約期間は2021年6月30日までの5年間。ドイツ誌『kicker』によると、移籍金はボーナス込みで約2000万ユーロ(約22億7000万円)だという。

 1997年生まれで現在19歳のエンボロは、バーゼルの下部組織出身で2014年3月にトップデビューを果たした。これまで公式戦で90試合に出場し、31ゴールを記録。スイス・スーパーリーグで3度の優勝を経験した。

 スイス代表としては2015年3月にデビューし、現在行われているユーロ2016でも4試合に出場。だが、チームは前日の25日に行われた決勝トーナメント1回戦でPK戦の末にポーランドに敗れて、ベスト16敗退となった。

 シャルケのスポーツ・ディレクターを務めるクリスティアン・ハイデル氏は、「非常に有能なアタッカーを獲得することができた。彼はすでに豊富な国際経験を積んでおり、他の欧州複数クラブも獲得を望んでいた」とコメントしている。

SOCCER KING

最終更新:6月26日(日)22時7分

SOCCER KING

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。