ここから本文です

[コパ・アメリカ]ハメスが絶妙ループパスで決勝点の起点に…コロンビアが米国に連勝で8大会ぶり3位に

ゲキサカ 6月26日(日)11時3分配信

[6.25 コパ・アメリカ3位決定戦 アメリカ0-1コロンビア]

 コパ・アメリカは25日、アメリカ代表とコロンビア代表による3位決定戦が行われた。開幕戦と同カードとなった一戦は1-0でコロンビアが制し、1995年以来8大会ぶりの3位で今大会を終えた。

 開幕戦でアメリカに勝利していたコロンビアは前半12分、MFファン・クアドラードのパスをペナルティーアーク手前で受けたMFハメス・ロドリゲスがトラップから素早く左足を振り抜く。低い弾道のシュートが枠内に飛んだが、これはGKティム・ハワードの守備範囲内だった。

 それでもコロンビアは前半31分、ハメスがオーバーラップしたDFサンティアゴ・アリアスの動きに合わせてループパス。PA右からアリアスがヘッドで折り返したボールをFWカルロス・バッカが右足で押し込み、コロンビアが先制のゴールネットを揺らした。

 アメリカもサポーターの声援を受けて勇気をもってゴールに攻め込むもコロンビアの守備を崩すことができない。前半43分、MFジャーメイン・ジョーンズが左サイドから上げたクロスがアリアスに当たってオウンゴールかと思われたが、わずかに枠を外れる。後半6分には、ゴールほぼ正面でFKを獲得。キッカーのFWクリント・デンプシーが放ったシュートはゴール右に飛んだが、GKダビド・オスピナの横っ跳びセーブに阻まれた。

 後半はお互いのゴール前を行き来する白熱の展開に。同16分、コロンビアはPA手前からクアドラードがループシュートを放つ。チップキックで放たれたシュートはGKハワードも見送ったが、クロスバーを叩いてしまう。アメリカも直後の同17分、PA中央からFWボビー・ウッドが左足シュートを放ったが、右ポスト直撃。お互いにチャンスをモノにできなかった。

 その後は両チームがシュート精度を欠き、試合は1-0でタイムアップ。開催国のアメリカは悔しい“連敗”で1995年大会と同じ4位に終わった。

最終更新:6月26日(日)11時3分

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]