ここから本文です

大宮、明治大DF河面の来季加入内定を発表…第91回選手権の優秀選手

ゲキサカ 6月26日(日)17時40分配信

 大宮アルディージャは26日、明治大のDF河面旺成の来季加入が内定したことを発表した。

 左足のロングフィードと正確なパス・クロスの質の高さやスピードを生かしたタイミングの良い攻撃参加が特徴の河面は、作陽高3年の時に出場した第91回全国高校サッカー選手権で、FW浅野拓磨やFW小屋松知哉、DF室屋成らと共に大会優秀選手に選出されていた。

 クラブを通じて河面は、「小さい頃から夢だったプロサッカー選手になることができ、嬉しく思います。これまで自分を支えてくれた全ての方々に感謝の気持ちを忘れず、これからも謙虚に日々努力していきたいです。アピールポイントである左足のキックを武器に、一日も早いレギュラー定着を目指します。そして大宮アルディージャの勝利に少しでも早く貢献できるようがんばります」と意気込みを語っている。

 以下、クラブ発表のプロフィール

●DF河面旺成
(かわづら あきなり)
■生年月日
1994年5月3日(22歳)
■身長/体重
183cm/75kg
■利き足
左足
■出身地
京都府
■経歴
C大阪U-12-C大阪西U-15-作陽高-明治大
■代表歴
2010年:U-16日本代表候補
2013年:日本高校選抜
2016年:関東大学選抜A
■個人タイトル
2013年:第91回全国高校サッカー選手権大会 優秀選手

最終更新:6月26日(日)17時40分

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]