ここから本文です

フランスはイタリア撃破のアイルランドを警戒「彼らは気持ちが強く、ハードワークをいとわない」

ゲキサカ 6月26日(日)18時42分配信

 フランス代表は26日にEURO2016でアイルランド代表と決勝トーナメント1回戦を戦う。この試合を前に会見に出席したディディエ・デシャン監督のコメントを欧州サッカー連盟(UEFA)の公式サイトが伝えている。

 2勝1分で首位通過した開催国フランスは、優勝した2000年大会以来、決勝トーナメントでは勝てていない(2004年と2012年は準々決勝敗退、2008年はグループリーグ敗退)。“鬼門突破”に意気込むデシャン監督は「決勝トーナメントの試合はこれまで以上にエキサイティングになるが、かたくなる、あるいは怖気づくことなどない。ラウンド16という次のハードルを越えることが目標だ」とまずはこの試合に集中している。

 フランスは今大会1失点を喫しているが、流れからではなく、PKによるものだった。「最高レベルでは、しっかり守れなければならないが、勝つためには相手より1ゴール多く奪う必要がある。懸命に努力し、守備面の不安要素と向き合い、できるだけ強固な組織を保とうとしてきた。最初の3試合でうちは1失点しかしておらず、それもPKだった。この調子を続けていく必要がある」と守備面での継続を強調する。

 また、対戦相手のアイルランドは、E組3位で勝ち上がったが、グループリーグ最終節で後半40分に決勝点を挙げ、イタリアに勝利していた。「私は難しい試合を覚悟しているよ。アイルランドは気持ちが強く、ハードワークをいとわない。それだけでなく、優れた選手が何人かいる。彼らは最初の3試合、よくボールをつないでいた。よく“闘志”について語られるが、彼らは語るだけでなく、全力で戦う。ほとんど遺伝子的なことと言っていいだろう」と警戒した。

最終更新:6月26日(日)18時42分

ゲキサカ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]