ここから本文です

FW中島がPK失敗…F東京23で先発のU-23代表戦士、DF室屋は得点演出

ゲキサカ 6月26日(日)18時51分配信

[6.26 J3第14節 F東京23 1-0 盛岡 味フィ西]

 J3は26日、第14節を開催し、味の素フィールド西が丘ではFC東京U-23とグルージャ盛岡が対戦。前半に1点をリードしたF東京23がそのまま逃げ切って1-0の完封勝利を収めた。

 U-23日本代表のFW中島翔哉とDF室屋成らが先発に名を連ねたF東京23が序盤から主導権を握ると、前半16分に先制に成功。MF野澤英之のスルーパスからPA内に進入した室屋が中央に切れ込んで放ったシュートはGK土井康平に当たったものの、ゴールマウスに向かって転がったボールをFWユ・インスが押し込んでスコアを1-0とした。

 1点のビハインドを背負った盛岡は前半26分、後方からのボールに反応したMF梅内和磨が強烈なシュートでゴールを脅かしたが、ボールはクロスバーを叩いて同点ゴールとはいかず。同44分にはスルーパスから完全に抜け出した中島が決定機を迎えるが、距離を詰めた土井と交錯して倒れると、シュミレーションと判断されてイエローカードが提示されてしまう。

 1-0とF東京23がリードを奪って後半を迎えると、攻勢を掛けるF東京23が後半20分にDF柳貴博がPA内で倒されてPKを獲得。しかし、キッカーを務めた中島のシュートは土井の横っ飛びのセーブに遭って追加点とはいかず。すると同22分に室屋と中島に代わって、DF小山拓哉とMF平岡翼がピッチに送り込まれた。

 その後スコアは動かずに1-0のまま逃げ切ったF東京23が完封勝利を収め、ホーム初白星を獲得した。

最終更新:6月26日(日)19時0分

ゲキサカ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]