ここから本文です

ドイツ戦“連勝”を狙うスロバキア「どんな相手にも弱点はある」

ゲキサカ 6月26日(日)19時12分配信

 スロバキア代表のヤーン・コザーク監督は世界王者といえど、「弱点はある」とドイツ撃破に意気込んでいる。欧州サッカー連盟(UEFA)の公式サイトが伝えている。

 ウェールズとイングランド、ロシアが同居するグループBを1勝1分1敗の3位で初の決勝トーナメント進出を果たしたスロバキア。26日に決勝トーナメント1回戦でドイツと対戦するが、ドイツとは今大会開幕前の5月29日に国際親善試合で対戦し、敵地で3-1の勝利をおさめていた。

 コザーク監督は「我々が予選を突破できることはなかなかないので、ここにいるうちは最大限の力で戦うつもりだ」と語り、「ドイツ戦は我々にとって大きな試練だ。だが、前回のイングランド戦ほど押し込まれるとは思っていない。再びいい結果を残すには、チームとして戦う必要がある。確かに相手は強いが、どんな相手にも弱点はある。我々としてはそこを突いていきたい」と意気込む。

 また、本大会予選ではグループリーグで2連覇中のスペインから勝ち点3を奪っていた。「ドイツは世界王者であり、最高のクオリティーを持つチームだ。だが、我々も準備万端で、すでに予選でも難しい試合をこなしてきた。スペインにも勝ち、それもあってここへ来ることができた」と物怖じせず強豪国に挑む構えだ。

最終更新:6月26日(日)20時10分

ゲキサカ