ここから本文です

[U-16インターナショナルドリームカップ]U-16日本代表に刺激与えたFW棚橋が逆転で得点王に輝く

ゲキサカ 6月26日(日)21時2分配信

[6.26 U-16インターナショナルドリームカップ第3節 U-16日本代表 6-0 U-16メキシコ代表 鳥取市営]

 4か月ぶりにU-16日本代表へ復帰したFW棚橋尭士(横浜FMユース)が「U-16インターナショナルドリームカップ2016 JAPAN Presented by JFA」得点王に輝いた。今大会初戦で2得点を挙げている棚橋は、3得点で首位のマリFWハジ・トラメ逆転を狙ってメキシコ戦に先発出場。前半14分にFW久保建英(FC東京U-18)の左足シュートのこぼれ球を左足でゴールへ押し込んで首位に並ぶと、その後もスペースへの抜け出しなどからゴールを狙い続ける。

 そして前半終了間際にはカウンターから前線で前を向くと、慌てて背走するGKの頭上を狙った超ロングシュート。これはGKのファインセーブに阻まれ、後半開始直後に放った右足ミドルはクロスバーを叩いた。だが23分、FW宮代大聖(川崎F U-18)のスルーパスに反応すると、一度はDFのスライディングにあいながらもこぼれ球を左足で決めて今大会4得点目を挙げた。

「久しぶりの代表だったので誰より強い気持ちでやっていた」というFWが今大会2度目の2得点で勝利に貢献。この活躍は次のアピールに繋がりそうだ。森山佳郎監督は「活躍してくれて、ものすごくいい刺激になった。活躍した選手は必ず次がある」とコメント。「活躍した」棚橋は再びチャンスを掴む可能性が高そうだ。
 
 得点王については「素直に嬉しいですけど、チームのお陰で得点できた」と謙虚に喜んだ棚橋だが、ここで満足するつもりはない。FW争いが熾烈なことも十分に理解している。「ここがゴール地点ではない。スタート地点としてやっていきたい」。次のチャンスでもゴールという結果を残して、また次に繋げる。

[写真]後半23分、U-16日本代表FW棚橋が左足でこの日2点目となるゴール。単独得点王に輝いた

最終更新:6月26日(日)21時2分

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]