ここから本文です

札幌が首位キープ! 都倉が抑え込まれるもヘイスの決勝点で3連勝

ゲキサカ 6月26日(日)21時26分配信

[6.26 J2第20節 群馬0-1札幌 正田スタ]

 北海道コンサドーレ札幌がザスパクサツ群馬に1-0で勝利し、3連勝で首位をキープした。一方の群馬は4試合ぶりの黒星を喫した。

 積極的な入りを見せたのはホームの群馬だった。前半8分、ゴール正面からMF山岸祐也が思い切りよくミドルシュート。同11分にはFKの流れからこぼれ球を拾ったFW常盤聡がPA手前からミドルシュートを放つもDFのブロックに遭い、早々の先制点とはならなかった。

 徐々に流れをつかんだ札幌は前半15分、MF前貴之が左サイドからカットインし、右足を振り抜くもゴール上へ。同27分にはMFヘイスからのパスを受けたMF深井一希がFW内村圭宏に縦パスを供給。内村が絶妙なトラップで裏に抜け出したが、左足シュートは枠を捉えきれなかった。

 後半も一進一退の攻防が続く。群馬は後半8分、右サイドでボールを持ったFW瀬川祐輔が相手2人の間を抜けて中央にカットインし、もう1人かわして左足ミドルもゴール上。札幌は同13分、右サイドを抜け出したMF石井謙伍が中央に折り返すと、内村がゴール前に走り込んで開けたスペースにFW都倉賢が入って右足シュートもゴール左に外れ、チャンスを生かしきれなかった。

 それでも均衡が破ったのは首位を走る札幌だった。後半25分、左サイドの敵陣中央からDF福森晃斗が左足で精度の高いクロスを供給する。これがゴールに向かって飛んでいきGK清水に防がれるも、こぼれ球をヘイスが頭で押し込み、先制点。エース都倉には得点はなかったが、この1点を守り抜いた札幌が2試合連続の“ウノゼロ”(1-0)勝利を飾った。

最終更新:6月26日(日)21時26分

ゲキサカ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。