ここから本文です

C大阪が開幕以来の4連勝で2位キープ、東京Vは今季初の連勝ならず

ゲキサカ 6月26日(日)21時27分配信

[6.26 J2第20節 C大阪1-0東京V 金鳥スタ]

 2位セレッソ大阪はホームで東京ヴェルディに1-0で競り勝ち、開幕4連勝以来、今季2度目の4連勝を飾った。東京Vは今季初の連勝ならず、4試合ぶりの黒星を喫した。

 立ち上がりはアウェーの東京Vが良い入りを見せたが、前半3分、MF井上潮音の左CKに合わせたFWドウグラス・ヴィエイラのヘディングシュートはGKがセーブ。同8分にはMF安西幸輝が左足でミドルシュートを打ったが、これもGKキム・ジンヒョンに阻まれた。

 C大阪も徐々にリズムをつかみ、前半18分には今季初先発のFW玉田圭司が直接FKを狙うが、ゴール右へ。同33分、左サイドのスペースに飛び出したFW杉本健勇のクロスに合わせたMF清原翔平のヘディングシュートはクロスバーを越えた。

 スコアレスで折り返した後半8分に均衡が破れる。C大阪は左サイドからDF丸橋祐介がロングスロー。ファーサイドに流れてきたボールを清原がマイナスに戻し、MFソウザが切り返しから左足で上げたクロスをFWリカルド・サントスがヘディングで押し込んだ。

 1点ビハインドとなった東京Vも反撃に出るが、後半9分、井上のミドルシュートはゴール上へ。同11分にはDF安在和樹が左足ミドルを打ったが、ゴール右に外れた。結局、最後まで1点が遠く、C大阪が1-0で逃げ切り勝ち。2位をキープし、消化試合が1試合少ない首位・札幌を勝ち点2差で追っている。

最終更新:6月26日(日)21時29分

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報