ここから本文です

シャルケ、柿谷が「化け物」と絶賛の19歳スイス代表FWを獲得!

ゲキサカ 6月26日(日)22時37分配信

 DF内田篤人が所属するシャルケは26日、バーゼルに所属するスイス代表FWブレール・エンボロ(19)を獲得したことを発表した。契約期間は2021年6月30日までの5年間となっている。

 カメルーンとスイス国籍を有するエンボロは10年からバーゼルの下部組織でプレーし、14年にトップチームに昇格。チームメイトだったFW柿谷曜一朗(C大阪)も「化け物」と絶賛していた。今季は27試合10得点をマークし、現在フランスで開催中のEURO2016に参加しているスイス代表メンバーに招集されている。

 クリスティアン・ハイデルSDはクラブを通じて「我々は、高い能力を備え、欧州のトップクラブが熱望していた。エンボロをシャルケに迎えることができた。彼は国際的な経験も非常に豊富だ」と加入を歓迎した。

最終更新:6月26日(日)22時39分

ゲキサカ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。