ここから本文です

メニューが多彩すぎる!巣鴨〈かき氷工房 雪菓〉で富士山天然氷のふわふわ食感を堪能/東京

Webマガジン コロカル 6/26(日) 6:46配信

コロカルニュースvol.1744

梅雨もなかば、そろそろかき氷が恋しい季節。東京・巣鴨で富士山の天然氷を使ったかき氷の専門店〈かき氷工房 雪菓〉をご紹介します。

【写真ギャラリーで見る】メニューが多彩すぎる!巣鴨〈かき氷工房 雪菓〉で富士山天然氷のふわふわ食感を堪能/東京

最初にご紹介するのは、2016年6月28日(火)に期間限定・数量限定で登場する〈黄金のかき氷〉。トップに金粉をまぶし、金箔が巻いたスティックをあしらったもの。

シロップは、生苺・ホワイトチョコベースのミルク・ビターチョコの3種類からメインを1種類選び、さらにはカスタードをかき氷の中層にかけるというゴージャスなかき氷です。さらに、口の中をリセット出来るよう、別添えのミントシャーベットもご用意。

そしていまの季節は、まるでさくらんぼを食べているかのような〈さくらんぼまみれ〉も販売中。なんと生のさくらんぼを22個も使った、こちらもゴージャスなかき氷。全て山形の河北町より産地直送のさくらんぼを使っています。日によって使うさくらんぼの品種が異なるそう。さくらんぼの旬である、7月上旬までの期間限定メニューです。

〈雪菓〉の個性派メニューは他にもいろいろ。定番の〈生いちごミルク〉や、マスカルポーネクリーム、エスプレッソクリーム、コーヒーゼリーを使った平日限定の〈ティラミス〉も!

まだまだ他にもあります。壺焼きにこだわった、安納芋の焼き芋シロップをかけた〈安納芋〉、濃厚な北海道産クリーズチーズを使った〈レアチーズ〉、抹茶ミルク、抹茶チョコ、抹茶クリームの3層からなる〈抹茶無双〉。〈納豆きなこ〉や、〈ピオーネ〉なども気になります。

〈雪菓〉で使っているのは、山梨で3週間かけて凍らせて作る、富士山の天然氷。従来の天然氷よりも、密度の濃い固くて綺麗な氷なので、ふわっとした食感になるのだとか。

また、シロップ、練乳は全て手作り。フルーツのシロップは全て生の果物から作るというこだわり。旬の果物を使った今の時期だけのかき氷、夏をひと足先に楽しんでみてはいかがでしょう。

information
かき氷工房 雪菓
住所:東京都豊島区巣鴨3-37-6
営業時間:11:00~17:00
定休日:月曜日


writer profile
Akiko Saito
齋藤あきこ
さいとう・あきこ●宮城県出身。図書館司書を志していたが、“これからはインターネットが来る”と神の啓示を受けて上京。青山ブックセンター六本木店書店員などを経て現在フリーランスのライター/エディター。

【コロカルニュース】とは?
ローカルって、楽しい。ちょっと変な事件や不思議なブーム、うわさの面白い人、イベント告知、コロカル記事の取材エピソードなどなど。愛情を込めて、コロカル視点のおもしろニュースをご紹介!

最終更新:6/26(日) 6:46

Webマガジン コロカル