ここから本文です

『TOO YOUNG TO DIE!』動員ランキング初登場第1位!

ぴあ映画生活 6月27日(月)14時26分配信

2016年6月25日、26日の全国映画動員ランキングは、『TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ』(全国289館)が初登場で首位に立った。

その他の画像/動員ランキング

本作は、宮藤官九郎が監督・脚本を務め、長瀬智也、神木隆之介らが出演する青春映画。不慮の事故で地獄に落ちた高校生(神木)が、地獄農業高校の軽音楽部顧問でロックバンド・地獄図(ヘルズ)を率いるキラーK(長瀬)と出会い、ロックバンドを結成。大好きなクラスメイトへ会いたい一心でキラーKと生き返りを目指す。

2位は公開10週目にして先週からワンランクアップの『ズートピア』(全国352館)。3位は『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』(全国307館)。そのほか初登場8位に『日本で一番悪い奴ら』(全国178館)が入っている。

全国映画動員ランキングトップ10(興行通信社調べ)
1位『TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ』
2位『ズートピア』
3位『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』
4位『貞子vs伽椰子』
5位『64-ロクヨン- 後編』
6位『デッドプール』
7位『クリーピー 偽りの隣人』
8位『日本で一番悪い奴ら』
9位『オオカミ少女と黒王子』
10位『64-ロクヨン- 前編』

最終更新:6月27日(月)14時26分

ぴあ映画生活