ここから本文です

<空港線>開通に暗雲 試運転でトラブル相次ぐ/台湾

中央社フォーカス台湾 6/27(月) 17:29配信

(台北 27日 中央社)開業に向けた準備が進められている桃園メトロ(MRT)空港線で、6月の試運転中に計76回のトラブルが発生していることが分かった。立法院(国会)交通委員会は27日、交通部(交通省)に対して1カ月以内に現状を報告するよう求めた。

葉宜津立法委員(国会議員)によると、6月9日から25日までに、ポイント異常4回、列車位置検知システムの異常7回、列車無線システムの異常65回それぞれ発生したという。

交通委員会では、施工不良や不適切な資材の使用など工事作業や監督過程に問題がある可能性が捨てきれないとしている。

空港線は台北市と桃園市をつなぐ全長51.03キロの新線。台北駅と桃園空港第1ターミナルを最短35分で結ぶ。2006年に着工。2010年の一部区間開業を目指していたが、延期を繰り返している。

(陳葦庭/編集:齊藤啓介)

最終更新:6/27(月) 17:29

中央社フォーカス台湾

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

うん、核融合炉を作ったよ
核融合こそ未来のエネルギー問題への答えであり、子どもにだって世界は変えられる、テイラー・ウィルソンはそう信じています。そして彼はそのどちらにも取り組んでいます。14歳の時に家のガレージで核融合炉を作り、17歳となった今、直前の依頼に応えてTEDのステージで自分の物語を(手短に)語っています。