ここから本文です

ロバート・グラスパーがエリカ・バドゥの恋人を熱演 「マイシャ(ソー・ロング)」MV公開

CDジャーナル 6月27日(月)17時35分配信

 2016年は20世紀のジャズ・ジャイアンツ、マイルス・デイヴィス生誕90年にして没25年のメモリアル・イヤー。5月25日にリリースされたロバート・グラスパーによるマイルス・トリビュート作『エヴリシングス・ビューティフル』(SICJ-117 2,200 円 + 税)に収録されている、エリカ・バドゥがゲスト参加したトラック「マイシャ(ソー・ロング)」のミュージック・ビデオがYouTube(youtu.be/CRjTHL_qNoM)などで公開されました。

 この映像は1950~60年代の人気バラエティ・ショウで「マイシャ」をパフォーマンスをしているという設定。スクリプトから映像監督まですべてエリカ本人が務めました。エリカ扮する神経質で気難しいスター歌手に翻弄される恋人にしてキーボード奏者、というのがグラスパーの役どころ。トランペッター役にはプリンスとも共演していたフランスのハーモニカ奏者フレデリック・ヨネが扮し、ラシャド・スミス(dr)とブレイロン・レイシー(b)も登場しています。

 オリジナルの「マイシャ」はマイルスの美しいトランペット・ソロが際立つナンバーで、1974年に録音されたマイルス40代後半のパフォーマンスとの“幻の共演”が実現。エリカのひらめきでボサ・ノヴァ調のアレンジがほどこされ、書き下ろしの歌詞と浮遊感たっぷりのヴォーカルとマイルスとの爽快なコラボレーションが繰り広げられています。

最終更新:6月27日(月)17時35分

CDジャーナル

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。