ここから本文です

「日本に売るつもりだった」 男が果樹園で覚せい剤密造/台湾

中央社フォーカス台湾 6月27日(月)18時46分配信

(高雄 27日 中央社)内政部(内務省)警政署刑事警察局は27日、台南市帰仁区内の果樹園にある作業小屋で、覚せい剤のアンフェタミンを密造していた男を逮捕したと発表した。アンフェタミン4キロとその原料22キロも合わせて押収。調べに対して男は、日本に売るつもりだったと供述している

警察によると男は普段、高雄を中心に生活していたが、人目に付かず、悪臭が目立たない場所を選び覚せい剤を製造していたとしている。

(陳朝福/編集:齊藤啓介)

最終更新:6月27日(月)18時46分

中央社フォーカス台湾

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。