ここから本文です

純中国製スパコンが初の世界1位 日米欧を凌駕する性能とは

エコノミックニュース 6月27日(月)7時20分配信

 20日、世界のスーパーコンピュータの計算速度ランキング「TOP500」が発表された。TOP500は1993年に発足したプロジェクトで、スーパーコンピュータのリスト更新を年2回のペースで発表している。この度、初の1位に輝いたのは中国の「神威太湖之光(Sunway TaihuLight)」だ。中国が国産技術で独自に開発した新型機で、計算速度は日本の「京」の約10倍も速い。2位も中国で、3位と4位はアメリカ、日本の京は5位となった。

 2013年から6度の1位を達成し、今回は2位に落ちた中国の「天河二号」の実効性能値は33.86PFLOPSで、神威太湖之光は93.01PFLOPS。神威太湖之光が約3倍も速いということになる。PFLOPSとは、1秒間に実行できる浮動小数点数演算の回数で、コンピュータの処理速度をあらわす単位の一つだ。

 中でも注目を集めているのは、神威太湖之光に採用されている中央演算処理装置(CPU)が中国製であることだろう。中国は2000年以降にCPUの独自開発をスタートし、アメリカ留学組などの力も手伝って技術力に磨きをかけていた。というのも、スーパーコンピュータは国家の科学技術水準や企業の競争力のみならず、軍事力への影響も大きい。世界最速のスーパーコンピュータを開発は国の威力を強くアピールできる手段でもあるのだ。アメリカは18年にも神威太湖之光に並ぶ新型機を3台稼働する予定だが、中国はさらに10倍速いマシンを計画しているという。

 一方、日本は東京と筑波大学が富士通 <6702> と共同で、国内最速のスーパーコンピュータの開発に着手している。消費電力は京の4分の1、計算速度は2倍以上となる見通し。宇宙の成り立ちを探る理論計算などに威力を発揮するという。また、理研や文部科学省は京の後継機の開発を進め、20年の稼働を目指すとした。

 東京工業大学の松岡聡教授は「幅広い分野での使い勝手の良さ」日本が進むべき道と話しているように、1位にこだわる必要はないのかもしれない。しかしながら、日本の存在感をアピールできるマシンの登場に期待が集まっているのも事実だろう。(編集担当:久保田雄城)

Economic News

最終更新:6月27日(月)7時20分

エコノミックニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]