ここから本文です

【ボクシング】金平会長、モデルボクサー高野にまた怒る「練習しなさい」

イーファイト 6月27日(月)11時51分配信

 5月に引退発言が騒動となったモデルボクサーこと高野人母美(協栄ジム)が、またしても金平桂一郎会長の逆鱗に触れた。

【フォト】5月の会見にて沈痛な面持ちで謝罪した高野

 ことの発端は、6月21日に都内で行われた地下アイドルグループ「仮面女子」のステージに高野が出演したこと。元々アイドルに憧れていたという高野は、仮面女子の衣装に身を包んでの登場。アイドルのオーディションを受けたことがあると告白し、引退騒動の影響でスケジュールが真っ白のため、暇なので仮面女子に入れてもらいたいとコメントした。

 金平会長は自身のツイッターにて、スポーツ紙で報じられたこの記事を引用し、「こんな事を言ってるなら、ジムに来て練習をしなさい!」と一喝。

 高野は5月18日(水)の会見で、6月6日に予定されていた次戦で引退すると発表。それを受けて海外出張中の金平桂一郎会長が「何の相談もなかった」とし、6月の試合中止をツイッターで発表した。

 騒動が大きくなり、5月27日(金)には高野と金平会長が会見。高野は軽率な発言だったと謝罪し、現役続行を宣言。金平会長はこの席で高野に「これが彼女へのペナルティーで、今日から信頼回復のためジムに極力顔を出し、時間は長くなくてもいいからとにかく身体を動かして普通のボクサーが普通にやるトレーニングをしなさい」と告げていた。

最終更新:6月27日(月)11時51分

イーファイト