ここから本文です

北朝鮮、山菜採取に学生まで動員…住民たちは失望と怒り=RFA

WoW!Korea 6月27日(月)10時59分配信

北朝鮮当局が住民に続き学生たちまで山菜採取に動員していることが分かった。

 27日、自由アジア放送(RFA)は咸鏡北道(ハムギョンブクド)の消息筋の言葉を引用し、「5月10日から始まった山菜動員が去る20日にすべて終わった」とし、「北朝鮮は今年、各工場企業所、人民班扶養家族と初級・高級中学校の生徒たちまで動員し、ワラビを中心にぜんまいやオタカラコウのような山菜を採取した」と報道した。

 RFAは「指定された量などの課題を遂行できなかった住民や学生たちは、市場価格で計算して山菜の代わりに現金を捧げなければならない」と説明した。

 両江道(ヤンガンド)の消息筋は「山菜が豊富だと知られる両江道では、農村支援に動員された人々が農場の仕事はせず、個人の金儲けのために山菜や薬草採取に乗り出しており、現地農場園の不満が多い」と話した。

 この消息筋はまた、「金日成(キム・イルソン)時代から持続してきた山菜動員は金正恩(キム・ジョンウン)が執権して一時中断され、人民から良い評価を受けていた」として「しかし、今年突然、山菜動員が再開し、住民たちは失望と怒りを隠せずにいる」とRFAに伝えた。

最終更新:6月27日(月)10時59分

WoW!Korea

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。