ここから本文です

『アンダーナイト インヴァース エクセレイト エスト』本日6月27日アップデートを実施!

ファミ通.com 6月27日(月)14時47分配信

●新キャラクターのミカが参戦、ゲームバランスもリファイン
 全国のアミューズメント施設で稼動中の、アークシステムワークスの対戦格闘ゲーム『アンダーナイトインヴァース エクセレイトエスト』。同作のアップデートが、本日2016年6月27日、実施された。

 以下、リリースより。

----------

■アーケード用2D 対戦格闘ゲーム
 『アンダーナイト インヴァース エクセレイト エスト』
 本日(2016年6月27日)アップデート実施!!

 アーケード用2D対戦格闘ゲーム『アンダーナイト インヴァース エクセレイト エスト』(以下、本作)につきまして、本日(2016年6月27日)アップデートを実施いたしました。
 本作は、「フランスパン」と「アークシステムワークス」がタッグを組み、昨年7月に稼動を開始した対戦格闘ゲームです。
 今回のアップデートにおきましては新キャラクター「ミカ」が参戦し、全ての既存キャラクターにゲームバランスのリファインが施されました。
 新たな旋風が巻き起こる偽誕者<インヴァース>たちの戦いにご期待下さい。

■新キャラ「ミカ」紹介動画本日公開!
 アップデートに合わせまして、新キャラ「ミカ」の紹介動画を本日公開いたしました。
 紹介動画におきましては、プロフィールをはじめ、必殺技や基本戦術、コンボ集まで「ミカ」の魅力をじっくりお伝えしておりますので、ぜひご覧下さい!

■「【第27回あーくなま】『UNDER NIGHT IN-BIRTH Exe:Late[st]』アプデ稼働日祭!!」本日20時より配信!

 ニコニコ動画内アークシステムワークス公式動画チャンネルにて、「【第27回あーくなま】『UNDER NIGHT IN-BIRTH Exe:Late[st]』アプデ稼働日祭!!」を本日20時より
配信いたします。
 今回の配信では、本作の開発を手がけたフランスパンの方々をゲストに迎え、新キャラ「ミカ」をはじめとするアップデートの情報を詳しくお伝えいたします。
 その他にも盛りだくさんの内容でお届けする第27回「あーくなま」をお見逃しなく!

◆「【第27回あーくなま】『UNDER NIGHT IN-BIRTH Exe:Late[st]』アプデ稼働日祭!!」
 ⇒こちら
 ※番組の放送内容及び企画は、予告なく変更となる場合がございます。

■アップデート概容

◇新キャラクター「ミカ」参戦!
 今回のアップデートより、オリエと同じ『光輪<リヒトクライス>』に所属する少女「ミカ」が参戦! 超重量、超攻撃力、超防御力を誇るガントレットを携えた「ミカ」の登場によって、偽誕者<インヴァース>たちの戦いはさらに激しさを増していきます。

◇ゲームバランスのリファイン
 『アンダーナイト インヴァース エクセレイト エスト』では、全ての既存キャラクターを対象としたゲームバランスのリファインを実施! バトルがさらに洗練され、 かつてない読み合いのスリル・興奮を味わえます。

【リファイン詳細】
・キャラクター
 必殺技などの弱体化は一切行わず、個性を伸ばす調整と、できることが増加するよう新たな修正を実施いたしました。
・システム
 連続技中のGRDゲージやTSゲージの増加量を調整したことにより、連続技以外での立ち回りによるGRDゲージを増加させるアクションの重要性がアップいたしました。
 また、クロスキャストヴェールオフの条件とそこからのダメージ量を見直す等を行い、一度の連続技ダメージを低下させることで、読み合いの回数が少なくなり過ぎないよう調整いたしました。

◇トレーニングモード追加要素
 本アップデートでは、今まで好評だったトレーニングモードがさらに進化いたします。
 各種ゲージはより詳細に設定することが可能で、リスタートやダミーの機能についても繰り返しの練習に最適なものとなっています。
 また、リバーサル行動やシールドの設定など、キャラクター対策に便利な機能が追加されました。
 さらに、Aimeカードやおサイフケータイを持っていればトレーニングの設定を保存しておくことも可能です。
 より遊びやすくなった本作にご期待下さい。

最終更新:6月27日(月)14時47分

ファミ通.com

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。