ここから本文です

“Xbox 女子会”はお菓子にXboxケーキに『Halo 5』大会と大盛り上がり【潜入リポート】

ファミ通.com 6月27日(月)15時31分配信

文・取材:編集部 工藤エイム、取材・撮影:編集部 古屋陽一

●女子の女子による女子のためのゲームパーティー
 2016年6月26日、品川グランドセントラルタワーにあるマイクロソフト本社で、女子たちでゲームを満喫する“Xbox 女子会”が行われた。

 この企画は、マイクロソフトが実施している“至高のゲーム体験 プレゼントキャンペーン”で行われたもの。今回は、当選者mocrainさんの希望「女子たちだけでゲームを満喫する“Xbox女子会”がしたい!」ということで、まさに「男子禁制、女子だけの女子だけによる女子だけのためのゲームパーティー」が行われたのだ。というわけで、その模様を写真主体でお伝えしよう。

 イベントは抽選で選ばれた約50名のXbox好き女子が招待され、関東以外にも大阪や神戸からの参加者もあった様子。会場は多数のXbox Oneやキネクト対応のゲーム、『Forza Motorsport 6』がシートとハンドル、ペダル一式で展示。“Xbox 女子会”ということでゲーム中心でレイアウトされた会場ではあるものの、中央にはお菓子山盛りのテーブルがドン! 各自の地方名産のお菓子を持ち寄ったそうで、「ああ、これが女子力なんですね」と女子会経験なしの記者は思いました(なにも用意しなくてすみません)。

 女子会でもっとも盛り上がったのが、『Halo 5:Guardians』大会。当初は、予選で8人でのデスマッチを2回行うの予定が、参加者多数につき4試合で行われることに。なかには始めてプレイするというチャレンジャーな方がいたようだが、皆なかなかの腕前だった。
 優勝は、マイコントローラーを持参するという気合のはいりっぷりを見せた(自称)女子日本一の『Halo』プレイヤー“きのこ”さんに。予選は0デスで勝ち抜け、決勝も圧倒的な実力を見せて見事優勝を果たした。

 というわけで、楽しい女子会もあっというまにお開きに。最後に主催者mocrainさんに、今回の女子会開催について色々とお話を伺ったので、お届けする。

――“Xbox 女子会”を企画するにいたった経緯を教えてください。

mocrainさん(以下、mocrain) 私のまわりにXboxユーザーがいなくて、ずっと集いの場を探していたんですね。そうしたらたまたま昨年の年末にXbox系の忘年会が開催されるのを知って、喜んで参加したんです。ところがふと見ると女性が少なくて……。その場で「Xboxの女子会とかあったら、いいですよね」と話をしたのがきっかけです。で、年明けに“至高のゲーム体験プレゼント キャンペーン”が実施されることになって、「これはやるしかない!」と。たとえキャンペーンに外れても日本マイクロソフトさんに女子会の企画は持ち込むつもりでいました。

――それはアグレッシブですね。

mocrain お話を聞くと、「まわりでXboxを遊んでいる女子がいない」という方が多かったんですね。Xboxが好きだけど、なかなか素直に「好き」と言えない状況があったりする。もちろんXboxはオンラインでつながっていますが、実際にお会いしてお話したり、同じ時間を共有するのも楽しいわけで……。Xboxを好きな人が集まって、和みながら楽しくできたら……って思ったんです。“至高のゲーム体験プレゼント キャンペーン”に「当選しました!」というご連絡をいただいて、時間が止まりました(笑)。

――なぜそこまでXbox愛に溢れているのですか?

mocrain なんでしょうね……。最初にXboxに触れたのは、Xbox 360のローンチ時に表参道に期間限定で展開されたXbox 360 ラウンジだったのですが、それ以降、Xboxに魅せられています。Xboxが好きですね。エンターテインメントは感動を与えてくれるものなのですが、Xboxは確実に感動を与えてくれたんです。

※Xbox 360 ラウンジ関連記事
・11月1日にXbox 360 LOUNGEがついにオープン! ひと足早くお店の中身を紹介!
・超豪華ゲストがお祝いに! Xbox 360 LOUNGEが盛大にオープン!

――“Xbox 女子会”を実際に開催してみていかがですか?

mocrain 多くの方に参加していただけてうれしいです。「Xbox Oneが気になるから来てみた。触ってみておもしろかったら購入したい」という方もいらっしゃって、さらにXbox Oneの輪が広がればいいなと。

――継続して開催することも視野に入れつつ?

mocrain 次回もやりたい! とは思っていますが、なかなかハードルは高そうで。とはいえ、何らかの形で交流の場を作っていきたいです。

最終更新:6月27日(月)18時46分

ファミ通.com

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。