ここから本文です

<ヒロミ>10年ぶりに連ドラ出演 「とても新鮮!」

まんたんウェブ 6月27日(月)22時44分配信

 タレントのヒロミさんが、7月にスタートする俳優の藤原竜也さん主演の連続ドラマ「そして、誰もいなくなった」(日本テレビ系)に出演することが27日、分かった。ヒロミさんは同作が約10年ぶりの連ドラ出演で「とても新鮮ですよ! セリフ覚えたりとか、あまり普段にない経験をしています。いろいろなことがあっておかしくない内容のドラマなので、早めの自殺とか、もう早めにどうにかしてほしいです」とコメントしている。

【写真特集】天才すぎた…藤原竜也画伯の絵がとんでもない出来

 ドラマは、藤原さん演じる順風満帆な生活を送る藤堂新一が、同姓同名の人物が逮捕されたことをきっかけに、偽者に人生を乗っ取られ、さまざまな事件に巻き込まれる姿をオリジナル脚本で描くサスペンス。新一の親友を玉山鉄二さんが演じ、新一の母親を黒木瞳さん、新一が通うバーのオーナー兼バーテンダーをアイドルグループ「Hey!Say!JUMP!」の伊野尾慧さんが演じる。また、志尊淳さん、二階堂ふみさんも出演する。

 ヒロミさんは「最初は無理だと思って断ったが、最終的にママ(松本伊代さん)が『やりなさい』と言うので『わかりました』とお引き受けしました」と出演までの経緯を語り、「志尊君は息子と同じ年ですし、玉山君も若いころ一緒に遊んでいた仲間だし、竜也君(藤原さん)は僕のリフォームみたいなのに興味を持ってくれて、そんな他愛もない話で盛り上がっています」と和気あいあいの様子を語った。

 ドラマは、7月17日から毎週日曜午後10時半に放送。初回は午後10時から30分拡大版で放送される。

最終更新:6月27日(月)22時44分

まんたんウェブ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。