ここから本文です

【シュートボクシング】アジアトーナメントにボクシング台湾王者が参戦

イーファイト 6月27日(月)20時27分配信

 7月7日(木)東京・豊洲PITにて開催される女子格闘技の祭典『Girls S-cup2016~七夕ジョシカク祭り~』。今大会で行われる48kg級アジアトーナメントの全出場選手が決定した。

【フォト】トーナメントもう1試合で対戦するボクシング台湾王者YURIとUnion朱里

 既に参戦が発表されているGirls S-cup48kg級日本トーナメント2015王者MIO(シーザージム)とSBミニマム級3位Union朱里(グラップリングシュートボクサーズ名古屋)の2選手に加え、新たにユリカGSB(グラップリングシュートボクサーズ)と台湾人ボクサーのYURI(Iron Boxing Gym)が出場する。これによりトーナメント初戦の組み合わせは、MIO vs ユリカ、Union朱里 vs YURIに決まった。

 当初、トーナメント出場選手として元J-GIRLSミニフライ級王者・紅絹(もみ/ネクストレベル渋谷)が調整されていたが、紅絹は練習中の怪我により欠場することになった。

 その紅絹の代わりに今回、白羽の矢が立ったのがユリカ。空手をバックボーンに持ち、アマチュアでは豊富な試合経験を持つシュートボクサーだ。昨年の3月に茶谷薫、続く8月には女子プロレスラーの山下実優を破り、2連勝を飾っている。

 また、Union朱里と対戦することになったYURIは、これまでもGirls S-cupに強豪を出場させてきたIron Boxing Gymが自信を持って送り込む選手。その若々しくキュートなルックスとは裏腹に、パンチ主体の攻撃的なファイティングスタイルを持ち味としている。2013年には台湾の全国ボクシングトーナメントの女子43kg級王者に輝くなど、国内では数々の金メダルを獲得してきたという。

 ついに全4選手が出そろった48kg級アジアトーナメント。果たして頂点に立つのは前回の日本トーナメントを制したMIOか。それとも他の3選手がMIOをストップするのか。

<トーナメント対戦カード>
▼Girls S-cup48kg日本トーナメント2016 エキスパートクラス特別ルール 3分3R(48.0kg契約)
MIO(シーザージム/Girls S-cup-48kg日本トーナメント2015王者)
VS
ユリカGSB(グラップリングシュートボクサーズ名古屋)

▼Girls S-cup48kg日本トーナメント2016 エキスパートクラス特別ルール 3分3R(48.0kg契約)
Union朱里(グラップリングシュートボクサーズ名古屋/SBミニマム級3位/WMCI-1WORLD CHAMPION SHIPトーナメント準優勝)
VS
YURI(台湾/Iron Boxing Gym/2013年台湾全囯總統盃ボクシング女子43kg級王者)

最終更新:6月27日(月)20時27分

イーファイト