ここから本文です

<ミュージアム>小栗旬が絶叫 特報映像にカエル男“判決”シーンも

まんたんウェブ 6月28日(火)8時0分配信

 巴亮介さんのサイコスリラーマンガを俳優の小栗旬さん主演で実写化する映画「ミュージアム」(大友啓史監督)の特報映像が28日、公開された。40秒の映像では、残虐な殺人を行う“カエル男”の肉声が初めて披露されているほか、カエル男が独自の判決でターゲットに刑を執行していくシーンや、刑事・沢村役の小栗さんが絶叫する姿などが公開されている。

【動画】「ミュージアム」衝撃の特報映像が公開… 絶叫する小栗旬! 

 「ミュージアム」は、「週刊ヤングマガジン」(講談社)で2013年7月から14年1月まで連載されたマンガが原作。カエルのマスクをかぶって残虐な殺人を行うカエル男と、妻子をターゲットにされた刑事・沢村の攻防を描いており、残された手がかりから犯人を追い詰める沢村だったが、実はそれはカエル男によって仕組まれたわなだった……というストーリー。

 特報映像では、カエル男がターゲットのニート青年に「判決の結果、君は有罪」と判決を下すシーンが収められているほか、「母の痛みを知りましょうの刑」「ずっと美しくの刑」「針千本飲ますの刑」「均等の愛の刑」などターゲットごとにさまざまな刑を執行する様子も公開。また、カエル男に追い詰められボロボロに傷ついた刑事・沢村が“何か”を見つめて絶叫するシーンなどが披露されている。このほか、「判決の結果、君は有罪。」というせりふとカエル男が描かれた劇場用ティザーポスターも公開された。

 映画には、沢村を演じる小栗さんのほか、沢村の妻・遥役で尾野真千子さん、沢村を慕う新米刑事役で野村周平さん、丸山智己さん、伊武雅刀さん、田畑智子さん、市川実日子さん、大森南朋さん、松重豊さんなどが出演する。11月12日公開。

 

最終更新:6月28日(火)8時0分

まんたんウェブ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。