ここから本文です

南北対話前提条件 北朝鮮の「非核化」=韓国統一部

聯合ニュース 6月27日(月)14時6分配信

【ソウル聯合ニュース】韓国統一部は27日、国会外交統一委員会への業務報告で、北朝鮮の非核化が南北対話の最優先条件だということをあらためて示した。

 統一部は現在の状況について、北朝鮮の核開発を防げるかどうかの重大局面とした上で、制裁と圧力を通じ北朝鮮の思惑を変えることに総力をあげるとの方針を示した。また北朝鮮と対話する場合は、非核化など変化につながる対話にすべきで、このためには北朝鮮が非核化と実質的な変化を行動で示す必要があると強調した。

 統一部によると、北朝鮮は非核化を求める韓国政府の一貫した姿勢に対し、反発を強めている。韓国に対する今月の非難回数は先月に比べ45%増加したという。

 同部は「北がわれわれの生存と安保を脅かす核・ミサイル開発を続ける中、交流を続けることは不適切と判断した」と説明し、一部団体の違法な南北交流などに対し厳しく対応すると強調した。ただ、北朝鮮の社会的弱者への支援は続けるとしている。また、離散家族や拉致被害者問題に対する北朝鮮の姿勢変化を促し、実質的に解決するため努めていくと強調した。

 一方、北朝鮮は国際社会からの制裁を受けて貿易が低迷するなど経済状況は芳しくなく、食糧問題の解決に力を入れているという。統一部によると、今年4月以降、中朝貿易規模は前年同期比約10%減少。中国に対する北朝鮮の無煙炭輸出額は30%以上減少した。

最終更新:6月27日(月)14時36分

聯合ニュース