ここから本文です

<明日のとと姉ちゃん>6月29日 第75回 五反田・及川光博もついに出征 第13週「常子、防空演習にいそしむ」

まんたんウェブ 6月28日(火)13時0分配信

 高畑充希さん主演のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「とと姉ちゃん」は27日から、第13週「常子、防空演習にいそしむ」を放送。29日放送の第75回では、五反田(及川光博さん)にも赤紙(召集令状)が届き、常子(高畑さん)が家族を支え続けられるようにと、甲東出版を貸本屋として経営するよう助言する。「生きて戻ったら、その時は心から作りたい雑誌を作ろう」と約束して五反田は出征する。そんな中、小橋一家は防空演習に参加するが、組合長の三宅(有薗芳記さん)に目をつけられてしまう……。

【写真特集】防空ずきん姿の3姉妹や志田未来再登場 第13週の各シーン

 「とと姉ちゃん」は、生活総合誌「暮しの手帖」創業者の大橋鎭子(しずこ)の軌跡をモチーフとしたドラマ。11歳で父を亡くしたことを境に家族の父代わりとなった小橋常子が浜松から上京し、女性向けの雑誌を創刊。高度経済成長期を生きる女性に支持されていく……というストーリー。

 第12週「常子、花山伊佐次と出会う」では、「甲東出版」で常子は、まじめで堅物の編集長・谷(山口智充さん)や、女性好きでプレーボーイな記者・五反田と出会い、二人の男女分け隔てない態度に感動するが、政府の検閲による締め付けが厳しくなっていく。さらに材木商の個人営業が禁止され、滝子(大地真央さん)は青柳の看板を下ろす決意をする……という展開だった。

最終更新:6月28日(火)13時0分

まんたんウェブ

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。