ここから本文です

JYJのユチョンさん 今週中にも聴取=女性暴行容疑で

聯合ニュース 6月27日(月)15時13分配信

【ソウル聯合ニュース】ソウル地方警察庁トップの李相元(イ・サンウォン)庁長は27日、記者団に対し、性的暴行の容疑で女性4人から告訴された人気グループJYJのユチョンさん(30)を今週にも出頭させ、事情聴取する方針を明らかにした。

 ユチョンさんは自宅のトイレなどで女性に性的暴行を加えたとして、今月、計4人からそれぞれ告訴された。ユチョンさんは最初に自身を告訴し、後に取り下げた20代の女性を虚偽告訴と恐喝の容疑で警察に告訴した。

 警察はまだユチョンさんに対し、出頭するよう要請していない。ユチョンさんは現在、兵役の代替としてソウル・江南区庁の観光振興課で社会服務要員として勤務している。

 李庁長はユチョンさんの所属事務所が告訴状の開示請求を行ったことについては、「応じることは難しい」との見解を示した。また、「さらに検討する必要があるが、告訴状を公開し、その内容を被告訴人が知ってしまうと、事件(捜査)の流れが乱れる」として、「告訴状には性行為に関する内容が含まれていて、公開すると名誉毀損(きそん)の問題が生じる」と説明した。

最終更新:6月27日(月)15時16分

聯合ニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。