ここから本文です

コールドプレイ、グラストンベリーでバリー・ギブと共演

BARKS 6月29日(水)11時40分配信

日曜日(6月26日)、コールドプレイがグラストンベリー・フェスティバル最終日でトリをつとめ、バリー・ギブをスペシャル・ゲストに迎え、ビージーズの曲をパフォーマンスした。

◆コールドプレイ画像

ギブはアンコールで登場し、クリス・マーティンと「To Love Somebody」「Stayin’ Alive」の2曲をデュエットしたという。マーティンは「Stayin’ Alive」を「史上最高の曲」と表したそうだ。

ギブは今年、同フェスティバルの“レジェンド枠”の候補に挙がっていたが、家族の病気を理由に辞退したといわれている。コールドプレイとの共演もリークされていたが、一週間前、キャンセルしたとの噂が流れていた。

コールドプレイがグラストンベリーのメイン・ステージ(ピラミッド・ステージ)でヘッドラインを飾るのは、2002年、2005年、2011年に続き4回目で最多となる。ビージーズは一度も出演したことがなかった。ギブは、パフォーマンス直前「ワオ! @Coldplayと@GlastoFestのピラミッド・ステージに立つ。信じられない。またもや人生に残る体験だ!僕の幸運を祈ってくれ!」とつぶやいていた。

今年は彼らのほか、ミューズ(初日)、アデル(2日目)がヘッドライナーで、最終日午後の“レジェンド枠”では、ジェフ・リンズELOがプレイした。

Ako Suzuki

最終更新:6月29日(水)11時40分

BARKS