ここから本文です

熱中症7人搬送2人重症 富里スイカロードレース 体調不良40人超訴え

千葉日報オンライン 6/27(月) 10:27配信

 千葉県富里市で26日午前に開かれた、同市名産のスイカを食べながら走るイベント「富里スイカロードレース大会」で、参加したランナーが相次いで熱中症とみられる症状を訴え、男女7人が病院に搬送された。うち男性(56)と女性1人が重症。

 市消防本部や市によると、午前10時15分~11時35分ごろにかけ119番通報が相次ぎ、20~50代の男性4人と女性3人が救急車やドクターヘリで市内や印西市などの病院に運ばれた。重症の男性はレース中に倒れたという。男女3人が入院の必要な中等症。40人超のランナーが体調不良を訴え救護所を訪れたという。

 大会は3キロ、5キロ、10キロの各コースで午前8時45分から正午ごろまで行われ、現地周辺の気温は午前9時には25・7度、正午には29・1度まで上昇。

 大会を主催した実行委員会は5キロで5カ所、10キロで7カ所の給水所を設けたほか、開会式やコース上のアナウンスでこまめな水分補給など熱中症予防を呼び掛けていた。

最終更新:6/27(月) 10:27

千葉日報オンライン