ここから本文です

英EU離脱、円高など鉄鋼にも影響 進藤鉄連会長”世界経済にマイナス”

日刊産業新聞 6月27日(月)12時18分配信

 イギリスが23日の国民投票の結果、欧州連合(EU)離脱が支持されたと24日判明したことで、為替が大きく円高に振れるなど影響が出始めている。残留が濃厚とみられていただけに、衝撃が大きかったようだ。日本鉄鋼連盟の進藤孝生会長(新日鉄住金社長)は24日、世界経済へのマイナス影響が懸念されるとする声明を出した。経済的な統合を着実に進めてきた欧州の前提条件変更はさまざまな形で影響が表れるとみられ、鉄鋼業にも及びそうだ。日本政府は情報収集を急ぎ、日本経済、企業への影響を見極めた上で対応策を検討する。

最終更新:6月27日(月)12時18分

日刊産業新聞