ここから本文です

ブレイク・ライブリー、映画のために1日13時間エクササイズしていた!?

ELLE ONLINE 6月27日(月)21時15分配信

映画『ロスト・バケーション』で無人のビーチでサメと戦うサーファーを演じたブレイク・ライブリー。ビキニ姿を披露するにあたって、ワークアウトに励んだことを明らかにしたそう。最近のインタビューで「素晴らしいトレーナーがいたの。私のお尻を蹴飛ばして効果的にやる気にしてくれたわ」とか。でも一番効いたトレーニングは撮影そのものだったそう! 「波のある海で長い時間泳いでいるのは大変だった。撮影が進むにつれてもっと強くなって、フィットした体になった」とか。1日13時間、ワークアウトみたいな撮影を続けていたとか。これを撮影したのは第1子のジェームズを出産してからわずかに8ヶ月後。「体が変わっていたから大変だったけれど、これに挑戦できたことはとても素敵だった」と語ったそう。

もちろん食生活もチェンジ! 「グルテンも大豆も加工食品も食べなかった。原始人に近い食生活だったと思う。クリーンな食生活ができてよかった」とパレオダイエットにトライしたことも明らかに。

本物のサーファーに見えるように頑張ったというブレイク。その見事なボディはスクリーンでチェック! 1日13時間……は無理でも、ワークアウトへのモチベーションが上がるかも!
(text : Yoko Nagasaka)

最終更新:6月27日(月)21時15分

ELLE ONLINE

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。