ここから本文です

[速報EURO41]“最高”のドイツがスロバキアを3発粉砕 優勝へ向け視界は良好

theWORLD(ザ・ワールド) 6月27日(月)2時49分配信

盤石の戦いぶりを見せる

ラウンド16 ドイツ 3-0 スロバキア
2016年6月26日/リール/現地時間18時キックオフ

優勝候補ドイツと伏兵スロバキアの一戦。しかしEURO開幕前にテストマッチで対戦したときにはスロバキアが勝利している。本大会でドイツはリベンジを果たせるだろうか。

グループリーグ最終戦に続き、両サイドバックが高い位置をとり、相手を押し込んでいくドイツ。そして幸先よいスタートを切ることにも成功する。8分、コーナーキックのこぼれ球をエリア外からボアテングが右足一閃。すると、よく押さえられたシュートがゴール左へ吸い込まれた。このゴールでドイツは理想的な立ち上がりを見せたと言えるだろう。

さらにドイツが畳みかける。13分、ミュラーのクロスにヘディングで合わせようとしたマリオ・ゴメスがシュクルテルに押され、これがPKの判定に。しかし、キッカーのエジルのキックはGKコザーチクに完璧に読み切られ、追加点とはならない。

それでも攻め手を緩めないドイツが試合を優勢に進め、幾度となくシュートチャンスを作りスロバキアにチャンスを与えない。数少ないピンチもノイアーがしっかりと摘み取ると、大きな追加点をドイツは手にする。43分、左サイドをドラクスラーが突破し、クロス。これをゴメスがDFを背負いながらしっかりと左足で決め、好調さをアピールした。

ドイツが2点をリードする盤石の戦いぶりを見せつけ、このまま前半は終了。

後半に入ると、ドイツのプレッシングの強度はやや落ち、スロバキアが前に出始める。しかしその攻撃を難なくドイツが耐えると、大きな3点目を手にする。63分、ドラクスラーがコーナーキックのこぼれ球を見事なボレーで合わせ、勝利をぐっと引き寄せた。

3点目を許したことによりスロバキアは意気消沈。そしてドイツはベテラン勢を投入し、試合を終わらせにかかる。この思惑通りドイツが3点のリードを守り切り、ベスト8へと進出した。

ドイツはここにきてドラクスラーが1得点1アシストと結果を残したことが大きいだろう。ロイスが直前に負傷離脱したことで、左サイドで違いを見せられる選手がおらず、メンバー選考に苦労していたからだ。しかしこの試合の活躍で今後もドラクスラーが左サイドで先発することが予想され、優勝に向けて大きな武器となることが期待されるだろう。一方のスロバキアはここにきて“最高”のドイツとぶつかってしまい、なすすべなく敗北した。しかし戦力の差と完成度の違いを考えれば、この結果を見てスロバキアを非難するものは誰もいないだろう。

[ドイツ代表]
監督 ヨアヒム・レーヴ

GK
マヌエル・ノイアー(バイエルン)
DF
ヨナス・ヘクター(ケルン)
マッツ・フンメルス(ドルトムント)
ジェローム・ボアテング(バイエルン)
ジョシュア・キミッヒ(バイエルン)
MF
サミ・ケディラ(ユヴェントス/イタリア)
トニ・クロース(レアル・マドリード/スペイン)
トーマス・ミュラー(バイエルン)
メスト・エジル(アーセナル/イングランド)
ユリアン・ドラクスラー(ヴォルフスブルク)
FW
マリオ・ゴメス(ベシクタシュ/トルコ)

交代出場
72分 ベネディクト・ヘベデス(シャルケ)
 (OUT ジェローム・ボアテング)
72分 ルーカス・ポドルスキ(ガラタサライ/トルコ)
 (OUT ユリアン・ドラクスラー)
76分 バスティアン・シュヴァインシュタイガー(マンチェスター・ユナイテッド/イングランド)
 (OUT サミ・ケディラ)

[スロバキア代表]
監督 ヤン・コザーク
GK
マトゥーシュ・コザーチク(プルゼニ/チェコ)
DF
ノルベルト・ギョンベル(ローマ/イタリア)
ヤン・ドゥリツァ(ロコモティフ・モスクワ/ロシア)
マルティン・シュクルテル(リヴァプール/イングランド)
ペテル・ペカリーク(ヘルタ・ベルリン/ドイツ)
MF
ミラン・シュクリニアル(サンプドリア/イタリア)
ユライ・クツカ(ミラン/イタリア)
マレク・ハムシク(ナポリ/イタリア)
ウラジミール・ヴァイス(アル・ガラファ/カタール)
パトリク・フロショフスキー(ブルゼニ/チェコ)
FW
ミハル・ジュリシュ(ブルゼニ/チェコ)
交代出場
46分 ヤン・グレグシュ(ヤブロネツ/チェコ)
(OUT ウラジミール・ヴァイス)
64分 スタニスラフ・シェスターク(フィレンツェバロシュ/ハンガリー)
 (OUT ミハル・ジュリシュ)
84分 コルネル・サラタ(スロバン・ブラチスラバ)
 (OUT ノルベルト・ギュンベル)

※所属チームは、2015/16シーズンです。
[得点]
ドイツ:ボアテング(8)、マリオ・ゴメス(43)、ドラクスラー(63)
-------------------------------------------------------


theWORLD(ザ・ワールド)は、
コパ・アメリカおよびEURO2016の全83試合を速報します!
参加全40ヵ国を網羅した無料電子マガジンも好評配信中。
http://www.theworldmagazine.jp

最終更新:6月27日(月)2時49分

theWORLD(ザ・ワールド)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。