ここから本文です

男子レスラーアイドル『NωA』がデビュー曲を披露!DDTフェスに清水アキラ、BiSH、カメレオの参加が決定!

バトル・ニュース 6月27日(月)12時10分配信

6月26日、DDT後楽園ホール大会の第1試合で男性アイドルユニット『NωA』がデビュー曲を披露した。

 DDTは11月6日に新木場Studio Coastで『プロレスと音楽フェスの融合したイベント』を行うことを発表し、高木三四郎大社長が「自前で音楽を披露できるユニットを結成する必要性がある!」と、大石真翔(37)・勝俣瞬馬(23)・MAO(19)の3人とスーパーサウンドプロデューサー『michitomo(みちとも)』さんによる男性アイドルユニット『NωA(ニューレスリングアイドル)』の結成を指示。
 それから一ヶ月が経ち、モーニング娘の振り付けなどを担当したYOSHIKO先生の指導を受け、勝俣瞬馬が作詞をしたデビュー曲『ネバギバ☆I LOVE YOU』を超満員の後楽園ホールのリングで披露した。

 しかしこれを見ていた三四郎は「全然ダメ!踊りなんか出来て当たり前、歌なんか歌えて当たり前、何か一つ特性がないとダメなんですよ!プロレス業界は置いておいて、アイドル業界を生き残っていくためには強烈な個性がないとダメ!まだまだですよ。彼らには現状で満足してもらっちゃダメです。プロレスファンたちの前でやってもそんなの拍手が来るの当たり前ですよ。もっと町中でフリーライブとかやって社会の荒波に揉まれた方が良いです。今のまんまじゃDDTフェスに出れねーからなこの野郎!」と厳しい言葉を投げかける。
 これに大石は「おかしいでしょ!あんたがDDTフェスのために俺たち結成したんでしょ!?出れないってどういうことですか!意味がわかんねー!」と混乱するが、さらに追い打ちをかけるようにDDTフェスの第一弾参加アーティストとして『“変幻自在のビジュアル系バンド”カメレオ』・BiSを手がけた渡辺淳之介が「BiSをもう一度始める」と始動させた『“楽器を持たないパンクバンド”BiSH』・モノマネタレント界の大物レジェンド『清水アキラ』の参加が発表される。

 三四郎はこのブッキングに関して「カメレオさんといえばビジュアルバンドの中でも人気急成長グループですし、BiSHさんとはディファ有明のライブにDDTがダブルブッキングしていて試合をするというよくわからないことやってましたけどBiSHさんもすごい人気があるし、そしてやっぱりレジェンド!清水アキラさんですよ!やっぱ僕はね、プロレスもそうなんですけど誰もが知っている方をキャスティングしたかった。そこをピタッとハマったのが清水アキラさんでしたね。まさか清水アキラさんが我々の主旨に賛同していただけるとは思ってもいませんでした。ただ単なるフェスで終わらないです。まだまだ第二弾第三弾の参加アーティスト発表したいなと思ってますんで肝心のチケット発売日はもう少しお待ち下さい!」と説明。カオスな音楽フェスといえば“青森ロックフェス・夏の魔物”があるが、DDTフェスはそこに負けないプロレス界らしいカオスなフェスの様相を呈してきた・・・

最終更新:6月27日(月)13時35分

バトル・ニュース