ここから本文です

<話題>AI関連銘柄に注目、新市場創出に期待

モーニングスター 6月27日(月)9時30分配信

 AI(人工知能)関連に注目したい。

 米グーグルが開発した囲碁AI「アルファ碁」が世界最高峰のプロ棋士との5番勝負に圧勝するなど、直近、AIの進化を示すニュースが相次ぎ、関心が高まっている。

 日本では、政府がAIを積極的に活用する方針を打ち出している。6月に閣議決定した、名目GDP600兆円の実現に向けた「日本再興戦略2016」のなかで、IoT(Internet of Things、モノのインターネット)、ビッグデータ、ロボットとならんでAIを活用して第4次産業革命を実現し、2020年までに30兆円の付加価値を創出するとの目標を掲げている。AIに対しては、そのものの開発と並んで、音声認識、ロボット分野、自動運転などさまざまな分野への応用による新市場の創出が期待される。関連する主な銘柄を取り上げたい。

 主なAI関連銘柄としては、人工知能を核に既存のリーガル事業の拡大と医療やマーケティングなど新規事業を展開するUBIC <2158> 、ビッグデータやAI事業を行う子会社コムチュアデータサイエンスを4月に設立したコムチュア <3844> 、米コジタイ社に出資して次世代AI技術を共同開発すると5月に発表したソニー <6758> のほか、ブレインP <3655> 、テクノスJ <3666> 、ホットリンク <3680> 、サイオス <3744> 、データセクション <3905> 、フォーカス <4662> 、サイジニア <6031> 、アクトコール <6064> 、日立 <6501> 、ファナック <6954> 、トヨタ <7203> 、カドカワ <9468> 、富士ソフト <9749> 、ソフトバンク <9984> などがある。

(モーニングスター 6月24日配信記事)

最終更新:6月27日(月)12時6分

モーニングスター

チャート

FRONTEO2158
766円、前日比+19円 - 9月23日 15時0分

チャート

コムチュア3844
3365円、前日比+40円 - 9月23日 15時0分

チャート

ソニー6758
3400円、前日比+27円 - 9月23日 15時0分