ここから本文です

19歳カサキナ、ウィンブルドンは「ベストを尽くすのみ」<女子テニス>

tennis365.net 6月27日(月)8時15分配信

ウィンブルドン

テニスのウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)女子シングルスに第29シードで出場する19歳のD・カサキナ(ロシア)は25日、tennis365.netの独占インタビューに応じ、今大会に向けて「前哨戦に出場してトレーニングもしている。ベストを尽くすのみ」と意気込んだ。

錦織vsグロス 1ゲーム速報

今年1月に行われたASBクラシック(ニュージーランド/オークランド、ハード、WTAインターナショナル)の初戦で第1シードのV・ウィリアムズ(アメリカ)を破る金星をあげ、3月のBNPパリバ・オープン(アメリカ/インディアンウェルズ、ハード、WTAプレミア)ではT・バシンスキー(スイス)らを下す快進撃でベスト8へ進出。

今大会の芝については「独特なサーフェスで、他に比べると少し違うプレースタイルになる。今の課題はサービスをもっとアグレッシブに強くすること。いつもはベースラインから打つけど、芝に対してはゲームプランを変えなければいけない」とカサキナ。

今年の6月に世界ランキングで自己最高の31位まで上り詰めたカサキナは、その要因について「自分自身は特に変えた点はない。出る大会のレベルが高くなって、対戦相手が強くなっただけ」とコメント。

続けて「R・ナダル(スペイン)を全仏オープンで見た時から憧れている」と述べ、グランドスラム全4大会で優勝することが夢だと話した。

最後に、日本のテニスファンに向けて「今年は東京の大会に出場する予定。お寿司がとても好きだけど、日本のお寿司をまだ食べていない。それが楽しみ」と笑顔で話した。

今大会の1回戦ではV・デュバル(アメリカ)と対戦する。

tennis365.net

最終更新:6月27日(月)8時15分

tennis365.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]