ここから本文です

【動画】九州は再び大雨のおそれ 西日本・東日本は雷雨に(27日19時更新)

ウェザーマップ 6月27日(月)19時25分配信

ウェザーマップ

 28日(火)にかけて、九州から東北南部の広い範囲で雨が降るでしょう。特に、西日本・東日本では雷を伴って非常に激しく降るおそれがあります。大雨や落雷、突風に注意してください。

 27日(月)は、前線が北上して西日本で再び雨が降りだしています。27日(月)の夜は九州・四国で雷雨となるでしょう。
 28日(火)は、前線がさらに北上して、その後本州付近に停滞するため、九州から東北南部の広い範囲で雨が降り続くでしょう。西日本・東日本では雷を伴って非常に激しい雨が降りそうです。特に、九州北部で大雨のおそれがあり、28日(火)の夕方にかけての予想雨量は、熊本県で150ミリ、大分県で120ミリ、福岡県で100ミリです。地震や、これまでの大雨で地盤の緩んでいる所があるため、土砂災害に警戒が必要です。
 その他、近畿も未明に、東海は明け方に雷雨となるでしょう。関東も朝の通勤通学の時間帯に雨脚が強まりそうです。一方で北海道と沖縄は晴れそうです。

 28日(火)の最高気温は、九州から東北南部で27日(月)より低く、26℃前後のところが多いでしょう。(気象予報士・山口津香沙)

最終更新:6月27日(月)19時48分

ウェザーマップ

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。