ここから本文です

【MLB】ダルビッシュがブルペンで30球 球宴前にも戦列復帰か?

Full-Count 6月27日(月)7時14分配信

DL入り後初のブルペン投球、変化球も交えて順調な様子

 右肩の違和感で故障者リスト(DL)入りしているレンジャーズのダルビッシュ有投手が、26日(日本時間27日)にブルペンでの投球練習を再開した。球団公式サイトが伝えている。ブルペン投球を行ったダルビッシュは、変化球を交えながら30球を投げたという。記事では「特に違和感を覚えている様子はなかった」と伝え、順調な回復ぶりをうかがわせた。

日本人最高は? 衝撃の総額年俸、これまでのMLB大型契約ランキング

 5月28日(同29日)パイレーツ戦で右ひじ靱帯再建手術から復帰したばかりだったが、復帰後3戦目の8日(同9日)アストロズ戦で右肩の違和感を訴えて5回で降板。数日様子を見たが、13日(同14日)に大事をとってDL入りしていた。9日(同10日)にさかのぼってDL入りしたため、最短ならば24日(同25日)には復帰できる予定だった。

 記事によると、DL入り後のダルビッシュは普段通りのキャッチボールに加え、平地で約37メートルの距離を投げる練習をしていたという。ブロケイル投手コーチは「マイナーでのリハビリ登板は必ずしも必要ではない」と考えているそうで、ブルペン投球練習後の体の反応がよければ、シート打撃登板など次のステップに進むようだ。また「レンジャーズは彼が球宴休み前に戦列に戻ることを期待している」という球団サイドの意向も紹介。順調ならば、近日中にもダルビッシュの戦列再復帰が見られそうだ。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:6月27日(月)7時16分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]