ここから本文です

熊本地震で不通の豊肥本線・豊後荻~阿蘇間、7月9日運転再開 特急も復活

乗りものニュース 6/27(月) 12:03配信

普通列車も特急も地震前と同じ本数

 JR九州は2016年6月24日(金)、豊肥本線の豊後荻駅(大分県竹田市)と阿蘇駅(熊本県阿蘇市)のあいだ25.3kmについて、7月9日(土)から運転を再開させると発表しました。

 4月に発生した熊本地震の影響で、6月24日(金)現在、豊肥本線は肥後大津~豊後荻間で運休が続いていますが、その区間の一部が今回復旧します。

 普通列車は運転区間を大分~豊後荻間から、大分~宮地間に拡大。運行本数は地震前の通常時と同じ5往復(10本)です。

 また、現在は全区間で運休している特急「九州横断特急」も、7月9日(土)から別府~大分~宮地~阿蘇間で運転を再開します。本数は地震前と同じ3往復(6本)。列車は全車自由席で車内販売はありません。普通列車が運行されない宮地~阿蘇間は、快速列車として運転されます。

 なお、残る肥後大津~阿蘇間27.3kmについては、JR九州によると線路への土砂流入などにより「運転再開にはかなりの期間を要する見込み」としています。

乗りものニュース編集部

最終更新:6/27(月) 12:22

乗りものニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。